内臓脂肪 落とす お茶

内臓脂肪を落とすにはお茶がおすすめ

お茶で内臓脂肪対策

 

内臓脂肪が増えると肥満体型になるだけでなく、悪玉コレステロールを増やし動脈硬化、心臓病などを招く原因にもなります。

 

健康になるため、スリムなウエストを手に入れるために内臓脂肪を落とす効果が期待できるダイエット茶がおすすめ!ダイエットとしても有効に働くお茶なので家族みんなで飲むことができます。

 

内臓脂肪を落とすお茶ランキング

ダイエットプーアール茶の特徴
ダイエット効果は高いのに、匂いが気になって飲みにくいプーアール茶を徹底的に蒸気殺菌、あのカビ臭さを軽減しています。ダイエットに有効な茶カテキンの強力バージョン「重合カテキン」を含んでいて脂肪分、糖分を腸内で分解吸収されるのを抑制しそのまま対外へ排出するメラニズムでダイエットに役立つお茶です。
価格 970
評価 評価5
備考 30日間返品・返金保証

メタボメ茶の特徴
一位のダイエットプーアール茶をメイン茶葉にし数種類の茶葉をブレンドしたダイエット茶です。プーアール茶が苦手な人にも美味しく飲める香ばしい風味が特徴で胆汁酸ダイエットになる杜仲茶、ポリフェノール豊富な黒豆などを使用しています。
価格 970
評価 評価4.5
備考 30日間返品・返金保証
スルスル茶の特徴
高発酵素材である高発酵プーアル、黒ウーロン茶を使用し食べたものの脂分をスルスル流すをコンセプトにしたお茶です。
価格 1,980
評価 評価4
備考

 

 

 

ダイエット茶の内臓脂肪を落とす効果

 

平日は仕事に追われ週末は疲れて家でゆっくり休んで・・・。健康的な食事を食べようと思ってもついついこってりお肉やお酒、ワインなどの晩酌がやめられない…。そんな毎日を過ごしているかたも多いのではないでしょうか。

 

気がつけば体が重いな〜と感じ、いつの間にかメタボ体型に!体型だけならまだいいのですが、メタボは内臓脂肪蓄積型という腹部の内臓の周りに脂肪がつきやすいタイプの肥満で健康被害が大きいのです。

 

でも運動する時間も体力もない。そんな現代人のメタボ解消にお勧めの方法がダイエット茶を飲んで内臓脂肪を落とし、メタボ解消をする方法です。お茶を飲むだけならどんなに忙しい人でもできますよね。

 

内臓脂肪を落とすのにおすすめダイエット茶は?

 

ダイエット効果のあるお茶と言っても実にたくさんの種類のお茶がありますよね。数ある種類のダイエット茶の中でも一番のお勧めはプーアル茶です。お茶を飲むだけとは言っても、あまりにもまずいお茶は最初こそ頑張れてもだんだんと飲むことから遠ざかってしまいますよね。

 

一つのことをするだけ!というダイエットは、実はなかなか難しかったりもします。飽きてしまったりどうしても味に馴染めなかったり…。その点、プーアル茶は普通の味覚の人なら「美味しく」飲むことができるので続けることができるのです。

 

プーアル茶のダイエット効果について

 

内臓脂肪を落としてくれるプーアル茶ですが、どんな成分にダイエット効果があるのでしょうか。一つは「重合型カテキン」という成分です。この重合体カテキンという成分が脂肪の吸収を防ぎ、また脂肪の分解を促すことによって高いダイエット効果が期待できるのです。

 

普通のカテキンにも同様の効果がありますが、重合体カテキンは腸での吸収を直接防ぐように働くので、普通のカテキンよりも、より強いダイエット効果が期待できます。もう一つのダイエット効果を高めてくれる成分は「リパーゼ」です。

 

リパーゼは「脂肪分解酵素」で、脂肪の分解を促してくれ体外に排出する働きがあります。この二つの成分が多く含まれるプーアル茶のダイエット効果はとても高いのです。

 

すぐに内臓脂肪がなくなる?即効性はある?

 

残念ながらプーアル茶には即効性は期待できず、1週間以内に〇キロ痩せる!といった急いで痩せたい場合には不向きでしょう。そもそも短期間で痩せるダイエットは体の負担も大きく、あまりお勧めできないので、プーアル茶を毎日飲み続けて数ヵ月経った時に「あれ?いつの間にか痩せてる!」といった痩せ方のほうがリバウンドもしにくくお勧めです。

 

プーアル茶を飲み続ければ胃腸の調子も良くなってお通じも良くなるはずです。体重が少しでも落ちて体が軽くなった頃にウォーキングなどの軽い運動もダイエットメニューに取り入れて、メタボ解消に向けて頑張ってみてはいかがでしょうか。

 

⇒ 内臓脂肪を落とすお茶ランキング

 

内臓脂肪と悪玉コレステロールの関係は?

 

内臓脂肪が増えすぎる内臓脂肪型肥満は、様々な病気の要因となってしまいます。また、内臓脂肪の増加は、内臓脂肪と並んで病気の要因となる悪玉コレステロールの増加にも繋がっていきます。

 

体内で悪玉コレステロールが増えると、どのような影響があるのでしょうか。そして、悪玉コレステロールは内臓脂肪とはどういった関わりがあるのか、見ていきましょう。

 

バランスが大切な善玉コレステロールと悪玉コレステロール

 

コレステロールとは血液中の脂質成分で、細胞膜を作ったり、ホルモンの材料になる成分です。コレステロールは病気の素なので減らさなければならないと思いがちですが、人間の体に必要な成分でもあります。

 

コレステロールには、善玉コレステロールと言われるHDLコレステロールと、悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールがあります。悪玉コレステロールは、全身の細胞にコレステロールを運ぶ働きをします。

 

しかし、悪玉コレステロールは血管の中に溜まりやすい性質があり、血管が詰まる原因となってしまいます。一方、善玉コレステロールは、血液中の余分なコレステロールを取り除き、肝臓に戻す役割を果たします。

 

善玉コレステロールが悪玉コレステロールを掃除してくれるため、多少悪玉コレステロールが増えすぎても、善玉コレステロールが十分にあれば、血管内が正常に保たれていると言えます。コレステロールは、コレステロールの総数を見るのではなく、善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスが大切なのです。

 

悪玉コレステロールの増加と動脈硬化の関係

 

善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスが崩れると、悪玉コレステロールが血管に溜まってしまいます。全身に血液を送る動脈は年齢と共に老化していくものですが、コレステロールのバランスを保てば、老化の進行を少しでも遅らすことができるのです。

 

悪玉コレステロールが増えすぎると、血管壁に付着し、血管内に粥状の物質が作られます。そのため、血管が狭くなり、血流がスムーズに流れなくなってしまいます。

 

血液がどろどろになって血管が狭くなると、血管が詰まりやすい状態になってしまいます。そして、心臓付近の動脈で詰まりが起こると心筋梗塞、脳の辺りで起こると脳梗塞といった命に関わる病気に繋がっしまうのです。

 

動脈硬化は自覚症状はほとんどなく進行していってしまいます。血液検査や特定健診などでコレステロール値を測ったり、血管年齢を測ったりして現在の血管の状態を見極めていきましょう。

 

内臓脂肪の増加による悪玉コレステロールの影響

 

内臓脂肪の増加は様々な病気の要因になりますが、内臓脂肪が増えたからと言って、直接悪玉コレステロールを増やす働きがあるわけではありません。しかし、内臓脂肪が増えると、血液中の中性脂肪を増やしてしまいます。

 

中性脂肪が増加すると、善玉コレステロールの数の減少に繋がることが分かっています。そして、善玉コレステロールと悪玉コレステロールは相関関係にあるため、善玉コレステロールの数が減ると結果的に悪玉コレステロールの数を増やしてしまうのです。

 

さらに、内臓脂肪が増えて中性脂肪も増加すると、中性脂肪を減少する働きをするアディポネクチンという物質も減少してしまい、悪循環に陥ってしまいます。また、中性脂肪が増えると、粒子が細かく血管壁に溜まりやすい超悪玉コレステロールと呼ばれるレムナントという物質も増やしてしまうのです。

 

こうして、内臓脂肪の増加は悪玉コレステロールを間接的に増やし、動脈硬化の危険性を高めていきます。幸い、内臓脂肪は落としやすい脂肪ですので、食生活の改善や運動、上記で紹介したダイエット茶などで減らしていきましょう。

 

⇒ 内臓脂肪を落とすお茶ランキング

 

内臓脂肪を減らす痩せる食事方法や生活習慣・歩き方

 

ダイエットに挑戦しては失敗を繰り返すことが多いですよね。内臓脂肪が増えてメタボ体型になると外見だけでなく動脈硬化や心疾患なども心配されますから早く痩せたいものです。

 

しかし、ダイエットにいったん成功しても、すぐにリバウンドを繰り返してしまうこともあります。それはダイエット中に無理を押して一時期だけの我慢をして達成させ、痩せた後にはその解放感から、また大好きな食べることを始めてしまうからでしょう。

 

それは無理からぬことで、「食は人生最大の楽しみ」と古代から言われるように、誰もその食べる楽しみを奪うことはできません。ストレスが溜まらない無理のないダイエット方法、長続きする食事法を考慮して原料につなげていきましょう。

 

痩せる食事方法とは

 

食事は3食きちんと、できれば規則正しく食べた方がよろしいです。食事内容は野菜中心に、肉や魚を少しずつ加え、彩り豊かな食卓にします。赤や緑、白や茶色など色とりどりであることは、美しいだけでなく、栄養のバランスもとれた優秀な食卓なのです。

 

野菜を山ほど摂って悪いことなど何一つありません。海藻やきのこ類も食物繊維が豊富でローカロリーなので、1日1回は食卓に上らせるようにしましょう。お味噌汁の具にとしてたっぷり入れると、発酵食品と野菜・海藻と体に良いものを2種類摂れて一挙両得となります。

 

食べる順番も重要で、血糖値の上昇しにくい野菜、海藻、きのこから食べ始めます。しかもそれらの食べ物は食物繊維が多いので、人に満腹感を与えてくれます。同時に水やお茶をたっぷりとると、さらに満腹感が増し、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

太らないお菓子の食べ方

 

また、食事の30分くらい前に一粒の高級チョコレートや上品な小さな和菓子を食すると、甘いものが満腹中枢を刺激して、食べ過ぎを防止することができます。これを食べて直接痩せるわけではありませんが、これらはダイエット中のストレス発散に役立つのです。

 

人間の我慢には限度があり、耐え続けていると爆発し、やけ食いなどを始めてしまいます。するとダイエットに対して逆効果となってしまいますので、ある程度辛さを発散しながら、継続して行くことが大切です。

 

また、おやつもやめる必要はありません。市販の物でも低カロリーのお菓子や食物繊維入りのヘルシー食品もたくさん出ています。それらを活用して、日替わりでおやつの種類を変え、素敵なお皿に数枚出して、3時にきちんと正式なおやつを食べましょう。

 

椅子に座り、ゆったりとした気持ちで、ゆっくりよく噛んで味わいながら食べる時間を持ちましょう。その際、美味しい紅茶やコーヒーも欠かせません。ゆとりある雰囲気を作り出すこともダイエット成功に大切な事です。

 

腸内細菌で肥満防止

 

便秘はダイエットの敵です。しかしなぜか女性は食べていても便秘になりがちです。きちんと排泄できなくては痩せられる訳がありません。

 

腸内細菌のうち、善玉と呼ばれるビフィズス菌や乳酸菌を増やすと腸内環境が整えられ、結果として便秘解消にも役立つのです。腸内環境を整えれば、肌も美しくなり、健康にもよく、これほど素晴らしいことはありません。

 

日々、工夫しながら長い時間をかけて、ダイエットは規制でつらい、というイメージを持たず、美味しいヨーグルトを探したり、楽しい気持ちで頑張ることが成功の秘訣です。

 

カロリー消費アップさせる歩き方

 

食事とともに運動もダイエットには欠かせません。ウォーキングは体脂肪を落とすために非常に有効な運動です。ダラダラと歩いていてはいけません。速足でリズミカルに歩きましょう。しかし無理は禁物です。

 

心臓の鼓動が早すぎたり、ハアハア息が上がるようでは体に負担がかかり、逆効果となってしまいます。疲れたらゆっくり歩きに戻し、速足、ゆっくり、と繰り返すことで痩せやすくなります。ウォーキングも日々できるだけ時間を作り、続けることが大切です。

 

外に出られるだけの時間がない場合には、家の階段を上り下りする、筋トレをするなどでも構いません。運動をする、という生活習慣をつけましょう。

page top