内臓脂肪を減らす青汁の種類や効果的な飲み方について

内臓脂肪を減らす青汁の種類や効果的な飲み方について

青汁は健康にいいというイメージの強い飲み物ですよね。昔は苦くて飲みづらいものばかりでしたが、最近は飲みやすい商品も増えてきました。忙しくて野菜を使った料理をなかなか作れない人にとって、青汁は手軽に栄養が摂れるので便利です。

 

さらに、内臓脂肪を減少させるのに非常に効果があると言われています。具体的に、どのような作用で内臓脂肪を減少させるのか、また効果的な飲み方についてご説明します。

 

⇒ 内臓脂肪、皮下脂肪を減少させる青汁はこちら

 

青汁はなぜ内臓脂肪を減少させるのか

 

内臓脂肪が蓄積されてしまう大きな原因は、糖質・脂質過多の食生活にあると言われています。その食生活を改善し、野菜中心のヘルシーな食事をとるようにすると内臓脂肪は減少するため、青汁を飲むことはそれと同様な意味を持つのです。青汁に含まれている豊富な栄養や健康的な成分が、内臓脂肪に働きかけてくれます。

 

内臓脂肪を減少させる青汁の成分とは

 

では青汁に含まれる成分について具体的に見ていきましょう。

 

カルコン
原料の明日葉に含まれ、内臓脂肪を減少させる働きを持ちます。

 

食物繊維
血中コレステロールを下げる働きを持ちます。

 

ビタミン・ミネラル
三大栄養素をエネルギーに変える働きを持ち、バランスを整えることで内臓脂肪の蓄積を防ぎます。

 

このように、青汁には身体の調子を整えるために必要な成分が豊富に含まれているのです。明日葉だけでなく、ケールや桑の葉など、青汁の主原料には内臓脂肪を減少させる効果がある場合が多いと言われています。

 

そのほかにも青汁の原材料によって内臓脂肪を減少させるものが使われていればより一層、内臓脂肪を減らすことに効果が得られるでしょう。

 

より効果的な青汁の飲み方

 

青汁をそのまま飲む、または粉末の場合は水で溶かして飲むのが一般的です。でも、物によっては飲みにくいこともありますよね。長く続けるためにも、青汁の様々な飲み方を知っておきましょう。ここでご紹介するものは、飲みやすくなるだけでなく内臓脂肪の減少にもより効果的な方法ばかりです。

 

豆乳割り
良質な植物性たんぱく質や基礎代謝を高める大豆ペプチドを含む豆乳と一緒に飲むことで体脂肪燃焼を目指します。

 

緑茶割り
脂肪を分解する効果のあるカテキンが豊富な緑茶とは味・効果ともに相性ばっちりです。

 

オレンジジュース割り
脂質の代謝を高めるイノシトールが含まれ、意外と青汁と合わせても飲みやすいのです。

 

このように飲み方をいくつか選べるようにしておくと飽きる心配もありませんよね。気分に合わせて味を変えるようにすれば、無理なく楽しく続けられるのではないでしょうか。

 

青汁と合わせて行いたいこと

 

どんな健康法にも同じことが言えますが、ただ青汁を飲むだけではもちろん効果は得られません。やはり、同時に食生活を見直し暴飲暴食などはやめないといけませんね。糖質・脂質の多い食べ物も控えましょう。

 

そして、内臓脂肪をより効果的に減らすためには、適度な運動も必要です。青汁を飲み続けることも大切ですが、青汁ばかりに頼り過ぎるのではなく、毎日の生活の中でできることから始めてみてはいかがでしょう。

内臓脂肪対策におすすめの青汁

 

機能性表示食品でもある「葛の花イソフラボン青汁」は、国産、農薬不使用青汁素材を6種類の使用した青汁が苦手な方にも毎日続けられる味にこだわった飲みやすい青汁です。

 

⇒ 葛の花イソフラボン青汁 公式サイトへ

 

葛の花イソフラボン青汁は葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)を含んでいて内臓脂肪、皮下脂肪、体重増が気になる方のウエスト、腹囲部分をすっきりとさせる機能性食品。合成甘味料や着色料は使用していません。1日1包を100ccの水かお湯に溶いて飲むだけで簡単に内臓脂肪ケアができます。

page top