内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは?

内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは?

 

身体には、必ず脂肪が蓄積されており、その脂肪を普段の生活のエネルギーとして使用しております。しかし、必要以上に体内に脂肪が溜まってしまう事で、身体に様々な悪影響が出る場合も有る為注意しなければなりません。
そんな体内脂肪の中でも内臓脂肪や皮下脂肪にはそれぞれの役割や特徴が有ります。内臓脂肪と皮下脂肪の違いや役割等についてみていきましょう。

 

脂肪の種類について

 

私達の身体の中に溜まる脂肪は大きく3つの種類に分ける事が出来ます。中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪の3種類です。中性脂肪は血液中に含まれる脂肪で、常に身体中を巡っている為私達の生活の為のエネルギーとしてすぐに使う事が出来る脂肪です。

 

一方、内臓脂肪は腸等の周りに付く脂肪で、血液中の中性脂肪が増えすぎてしまった場合、この内臓脂肪として溜まってしまいます。但し、この内臓脂肪は溜まり易さと減らし易さの両面を持っている脂肪と言えます。更に、皮下脂肪は皮膚の下に溜まる脂肪で、溜まり難い反面簡単に減らす事が出来ない脂肪です。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の違いは消費スピードに違い

 

2つの脂肪の最も大きな違いは、脂肪の溜まるスピードと消費のスピードの違いを挙げる事が出来ます。実は内臓脂肪は男性に皮下脂肪は女性に溜まり易いと言う特徴が有ります。

 

特に男性の体内に溜まり易い内臓脂肪は、エネルギーとして消費がされ易いと言う特徴が有る為、運動や食事制限によって比較的簡単に落とす事が出来ます。又、この内臓脂肪は筋肉量の多い男性のエネルギーとしてすぐに使う事が出来る為、男性に溜まり易くなっております。

 

一方の女性に溜まり易い皮下脂肪は、外部からの衝撃等から身体を守る意味合いが強く、特に妊娠時に胎児を守る為にも女性に多く溜まると言う特徴を持っており、一度溜まった皮下脂肪はすぐに落とす事が出来ません。

 

食習慣で溜まり易くなる内臓脂肪

 

内臓脂肪は、その言葉の通り体内の内臓の周辺に溜まる脂肪を指してますが、特に腸等の周りに多く溜まります。近年ではこの内臓脂肪が多く溜まった状態をメタボリックシンドロームと呼び、医療機関でもその為の検査まで行われる様になっております。

 

この内臓脂肪が溜まる主な原因として挙げられるのが食習慣です。特に日頃から脂っこい食事の多い方や、毎日アルコールを多く飲む人はこの内臓脂肪が溜まり易くなります。

 

これは、内臓脂肪が溜まる原因に血液中の中性脂肪の量が関係している為で、これらの食習慣を持つ人は血液中の中性脂肪の量が増えてしまい、増えすぎた中性脂肪が内臓脂肪に変化し溜まってしまいます。

 

内臓脂肪が身体に与える影響

 

内臓脂肪は、皮下脂肪の様に一ヶ所に長く留まるのでは無く、血液によって体内を循環する特徴を持っている為、内臓脂肪の量が余りに多くなってしまうと身体に悪影響を及ぼす事になってしまいます。内臓脂肪は脂肪酸と呼ばれる物質に変化して肝臓に送り届けられると中性脂肪に変化します。

 

しかし、多くの量の中性脂肪が肝臓に溜まってしまう事で脂肪肝と呼ばれる症状に進行してしまいます。更にこの脂肪肝が進むと肝硬変を引き起こし、この様な肝臓の機能の低下によって糖尿病や動脈硬化等の二次的な症状を発症してしまうリスクが高まります。

page top