内臓脂肪が増えやすいアルコール、お酒の適量とは?

内臓脂肪が増えやすいアルコール、お酒の適量とは?

お酒が好きなお父さんのお腹ってポッコリしている人が多い気がしませんか?お父さんの好きなビールとか焼酎って、甘くないのになんで太るんだろう?って疑問に思ったことありませんか?ご飯の食べすぎ?それとも運動不足だから?

 

実はお酒の飲みすぎ自体がポッコリお腹の大きな原因になっているのです。今回はアルコールと内臓脂肪の関係について見ていきましょう。

 

アルコールは脂肪を合成してしまう

 

アルコールは肝臓で分解されますが、体の中では同時に脂肪の合成に必要な酵素の活動も活発になります。その結果、肝臓では脂肪をたくさん合成するようになり、やがて血液中に放出され体の隅々まで運ばれます。

 

これらの脂肪は適度に運動をしてうまく消費されれば溜まることはないのですが、運動をしないと余った脂肪は内臓脂肪や皮下脂肪として体の中に蓄積されてしまうのです。これがメタボリック、ポコッとしたお腹の原因になってしまうのです。

 

お酒のカロリーは高い

 

お酒で太りやすい原因にはお酒自体が持つカロリーの問題もあります。お酒は麦や米、芋といった穀物を原料にして作られています。穀物の主成分は炭水化物であり、炭水化物にはカロリーがたっぷり含まれているのはみなさんご承知のとおりです。

 

よってお酒をたくさん飲むことはお米などの炭水化物をたくさん摂取しているのと同じなのです。最近はカロリー0を売りにした商品も増えてきていますので上手に利用するとよいでしょう。

 

お酒と一緒に食べるおつまみにも原因が

 

アルコールは胃の粘膜に働きかけ、食欲を増進させる作用もあります。そのためお酒を飲むとおつまみとして一緒に何か食べたくなることでしょう。肝臓はお酒を分解することを最優先に働くため、食べ物の代謝は後回しになります。その結果分解されずに中性脂肪として蓄積されていくのです。

 

お酒に合うおつまみとして、揚げ物やナッツ、チーズ、ポテトチップスなどのスナック菓子がありますが、これらの食べ物はすべてカロリーが高い食べ物の代表ですから注意が必要です。

 

お酒の適量ってどのくらいなの?

 

アルコールの取りすぎは糖尿病、高血圧、高脂血症といった生活習慣病の原因になります。厚生労働省が提案した「健康日本21」の中で、一日に摂取するお酒の適量はアルコールで換算して20g程度と言われています。

 

純アルコール量は、飲んでいるお酒のアルコールの濃度×アルコール摂取量で計算することができます。例えばアルコール度数5%のビールであれば、5%×500mL=25gまでといった感じです。

 

この公式に当てはめると、

  • ビールなら中ビン1本
  • 日本酒なら1合まで
  • 焼酎なら0.5合まで
  • ウイスキーダブルなら1杯まで
  • ワイングラスなら2杯まで

と大まかに導き出すことができます。

 

一見すると少なく感じてしまいますが、休肝日を設けることによって少しだけ増やすことも可能です。ちょっと今日は飲みすぎたな、と感じたら少し間隔をあけるようにしましょう。

 

適量のお酒は体にとってよい

 

昔から「酒は百薬の長」と言われており、適度なアルコールの摂取は健康を増進します。しかし同時に、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」アルコールの取りすぎは中性脂肪を増やし、私たちの健康を害する要因にもなりうるのです。もちろん体質に合わない場合は体にとっても百害あって一利なしですから注意が必要です。

 

楽しいお酒はコミュニケーションの潤滑油にもなります。人間関係を円滑にし、仲間との絆を深めてくれる役割もあります。明日への活力にもなることでしょう。体を壊さないよう上手にお酒と付き合って健康な毎日を送るように心がけましょう。

page top