ヨーグルト(ガセリ菌入り)の内臓脂肪を減らす効果

ヨーグルト(ガセリ菌入り)の内臓脂肪を減らす効果

ヨーグルトが内臓脂肪を減らすという情報がありますが、どんなヨーグルトでもいいというわけではありません。ただヨーグルトを食べればいいのではなく、内臓脂肪を減らす効果のあるものが含まれているヨーグルトを選ぶ必要があるのです。

 

それが、ガセリ菌というもの。ヨーグルトというよりも、このガセリ菌が内臓脂肪を減らす働きをするため、必ずガセリ菌入りのヨーグルトを選びましょう。

 

内臓脂肪を減らすガセリ菌の働きとは?

 

では、なぜガセリ菌がいいと言われているのでしょうか。その理由は、ガセリ菌が持つ生命力にあります。他の一般的な乳酸菌は、食べてから腸に届くまで消化液によって死滅してしまいます。

 

その死骸は腸内の善玉菌のエサになるため、善玉菌を活性化させるためには有効ではあります。一方、ガセリ菌は菌自体が死滅することなく腸内に届くうえに、長く滞在してくれるのです。ガセリ菌の働きは次のものがあります。

 

  • 整腸作用
  • コレステロールの低下
  • 内臓脂肪の減少

 

つまり、ガセリ菌が直接内臓脂肪に働きかける役割をもつため、これが含まれるヨーグルトを食べると効果があるというわけです。

 

ヨーグルトはいつ食べると効果的か

 

ところで、より内臓脂肪を減らすのに効果的なのは、ヨーグルトを夜食べることです。ヨーグルトは朝食のイメージが強い食べ物ですが、寝ている間にガセリ菌が活動することで、より効果が期待できるのです。

 

朝と夜の二回食べているという人も多いですよ。二回食べても問題ありませんが、量を調節するなど食べ過ぎないよう気を付けましょう。ちなみに、冷蔵庫から出したばかりの冷たい物よりも、常温に出してぬるくなった物の方が効果的といわれています。

 

ヨーグルトだけで内臓脂肪を減らせるのか

 

ガセリ菌入りのヨーグルトさえ食べていれば、内臓脂肪を減らせるというわけではありません。暴飲暴食や糖質脂質過多の偏った食生活を改善しない限り、いくらヨーグルトを食べても内臓脂肪の減少は追い付かないのです。

 

ヨーグルトを食べることも大切ですが、食生活をしっかりと見直しましょう。また、毎日の生活に有酸素運動を取り入れることで、より効果的に内臓脂肪を減らすことができます。

 

ヨーグルトを上手に使って健康な身体を

 

内臓脂肪に対するヨーグルトの効果についてご説明しました。ガセリ菌という素晴らしい作用のあるヨーグルトで、効率的に内臓脂肪を減らしていけるといいですね。

 

内臓脂肪の減少だけでなく、整腸作用やコレステロールの低下という効果もあります。健康な身体を維持するために、日頃から上手にヨーグルトを取り入れることをおすすめします。

page top